ベランダの被害!~施工方法や保険で防水工事費用を抑える~

低コストでできる防水工事

男女

防水工事は、場所によって適切な種類を選ぶ必要があります。施工方法はいくつかあるため、それぞれ価格も異なります。ここでは、低コストでベランダの防水工事をしたい!という人におすすめの施工方法を紹介あします。

ベランダの防水工事を安く済ませるには~防水工事業者に伺いました~

ベランダの防水工事をしたいと思っていますが、安くできるオススメの方法はありますか?
ベランダの防水工事なら、FRP防水かウレタン防水がおすすめです。FRP防水は、シート状ですが、つなぎ目をつくることなく施工することが出来ます。さらに耐久性や機能性に優れているにも関わらず価格を抑えることが出来ます。施工期間も短く、ベランダやバルコニーでよく施行されている工法です。ウレタン防水は、軽量でどのような形をした場所にでも簡単に施工できます。液体状のものなので、作業が簡単で施工期間が短く、費用を抑えることが出来ます。塗るだけの簡単作業なので、改修工事などでも良く施される方法です。ベランダの防水工事なら、このどちらかの方法を選ぶと費用を抑えることが出来るでしょう。ベランダに合わせた方法やどちらが自分に合った方法かを見て、考えてみるといいです。

場合によっては火災保険が適応されることもある

ベランダに起きている被害が自然によるものだった場合、火災保険が適用されることがあります。例えば、台風や強風で物が飛んできたり、屋根の積雪が落ちたりすることによって被害を受け、ベランダのどこかが破損したというなら、火災保険内の「風災補償」や「雪災補償」の適用になります。このような自然災害によってベランダが壊れ、雨漏りなどの二次被害に遭っているのなら、補償を受けてベランダ工事を行なうと負担を減らすことが出来ます。

TOPボタン