ベランダの雨漏りの原因は排水溝!?~防水工事のサイン~

ベランダの防水工事が必要な時期を見極めよう

男性

ベランダや屋根などは、劣化しやすく雨漏りが起きやすい場所と言われています。防水工事をすることでこのような被害を防ぐことが出来ますが、防水工事をしないとどのような被害が起こるのでしょうか。ベランダをチェックしてみましょう。

ベランダの防水工事が必要かどうかを見極めるポイント

排水口の劣化
ベランダで雨漏りが起きている場合、多くの場合排水溝が原因です。ベランダにある水は全て排水溝にたどり着き流れていきます。そのため、排水溝の負担は大きく、劣化しやすい部分になります。排水溝の劣化により、防水層が剥がれてしまい、できた隙間から雨水が入り込みます。これがベランダから起こる雨漏りの原因の一つなので、排水溝のチェックはした方が良いでしょう。
排水口の詰まり
排水溝に、水以外のものが流れると詰まりの原因になります。多少雨で水が溜まっていても蒸発して無くなるからと言って放置していたら、大雨のときにベランダの水が部屋に侵入してくるかもしれません。長年住んでいると、ゴミや異物が蓄積されて、詰まってしまいます。また、ベランダでガーデニングを楽しんでいる人は、流れた土がつまりの原因になるので定期的に排水溝の掃除をしましょう。
ベランダの壁にヒビが入っている
ベランダの壁にひび割れが起きていたら、防水塗装が劣化しています。ベランダは外気に触れるため、劣化の進行が早いです。劣化により壁にひびが入ると、そこから雨水が侵入してしまい雨漏りに繋がります。雨漏りは部屋の中にまで侵入するので、小さなひび割れでも気が付いたときは、早めに防水工事を行ない二次被害を防ぎましょう。

まとめ

このような症状がでてきたら雨漏りが発生する可能性が高いので、防水工事が必要になります。放って置いたり、気が付かなかったりすると雨漏りなど二次被害を招いてしまいます。ベランダに出るときに気にしておき、防水工事が必要なサインを見逃さないでおくと、住宅の経年劣化による被害を防ぐことが出来るでしょう。

TOPボタン